【新刊書】 新菜箸本撰(しんさいばしほんえらみ)第十一号 「夜雨庵 北野恒富」号

【新刊書】 新菜箸本撰(しんさいばしほんえらみ)第十一号 「夜雨庵 北野恒富」号

販売価格: 300円(税込)

数量:

商品詳細

【新刊書】 新菜箸本撰(しんさいばしほんえらみ)

かつて心斎橋筋は本屋の街であった。本書は、心斎橋筋およびその界隈で刊行された書物、印刷物、書肆、文学者、美術家などを、歴史の中より一つ一つ掘りおこしていくために刊行いたしました。書名は歌麿の狂歌本『画本虫撰』(えほんむしえらみ)に倣った「本撰(ほんえらみ)」。さらに心斎橋に洒落て、資料を長い"菜箸(サイバシ)"でつかみ出します。

最新号
第十一号 「夜雨庵 北野恒富」号
大阪画壇を代表する画家、北野恒富。その妖艶な美人画は”南地(みなみ)”の風土から生まれ、一世を風靡(ふうび)した。恒富の孫である北野悦子さんとの座談会を中心に、谷崎潤一郎との密接な関係や大丸を飾った壁画、貴重な同人誌「銀」などに触れて、この巨匠の実像に迫る。

発行:「心斎橋研究」同人
刊年:平成27年11月11日
大きさ:A5判
頁数:24頁(オールカラー版)
価格:1冊 \300(送料1冊 \140)

【内容】
・巻頭言 「しんさいばしとつねとみ」・・・橋爪節也
 (図版:北野恒富筆≪淀君≫部分 耕三寺博物館所蔵)

・「恒富は今もここに -北野悦子、祖父の思い出-」
  語り:北野悦子 聞き手:林哲夫・橋爪節也・小谷真功
 (図版:筆塚建立記念木版画≪藤娘≫、谷崎潤一郎「乱菊物語」挿画原画、北野恒富肖像他)

・心斎橋ギャラリー 「北野恒富の行友李風『北海熊』木版口絵」
 
・ある日の心斎橋 「北野恒富、大丸楼上に壁画を描く」・・・橋爪節也
 (図版:大丸店内北野恒富筆≪婦女立姿≫)


・「北野以悦・樋口富麿の青年時代 -大正十年頃の話-」・・・肥田晧三
 (図版:同人雑誌「銀」表紙、樋口富麿・北野以悦挿絵)

・魚を得た水 第十一回 「新宅祝いは六朝風」・・・瓦屋町ちゃび &橋爪節也
 (図版:「宇治橋断碑」拓本)

・編集後記・・・荒木雪破


※在庫の確認後、送料を含む合計金額のご案内を改めてご連絡させて頂きます。
※在庫切れの場合もございますので、予めご了承下さい。